債務整理で借金を減らしたい

クレジットカードのキャッシング枠は、
月々の支払い額はそれほど変わることなく、好きな時にお金を使えるのです。
そしていつの間にか収入に合わないような額の借金を抱えるようになってしまいます。

 

借金解決診断ツール
匿名・無料で診断できます!

⇒無料シミュレーターはこちらから

 

債務整理で借金を減らしたい方

そして借金がかさんでくれば毎月の支払いは利息の返済で消えていくようになってくるでしょう。
元金は減って着ませんから、新しく借り入れするといったことができなくて、ついほかの貸金業者から借金をしてしまうようになります

 

債務整理で借金を減らしたい時

そして自分で返済をしていくと言ったことが困難ならば、
借金整理をしていく必要性があります。もちろん複数の借金があればなおさらでしょう。
そして借金整理をするといったことを債務整理と言いますが、
法律を利用して借金整理をするといった方法がいくつかあります

 

債務整理で借金を減らしたいならば

借金をした場合、利息を払う必要がありますが、払い過ぎた場合は過払い金として払い戻して貰う事が出来ます。しかしこの過払い金返還請求権には時効があり、あまり時間が経ちすぎると請求することが出来なくなってしまいます。

 

請求権の時効は10年となっています。長いのか短いのかは判断に困りますが、最近は過払い金の請求が出来る事が周知されてきた事で、自分も出来るかもと考える人が増えましたが、請求権が切れていたと言うケースが起こっていますね。

 

利息などは払い方によって、トータルで払い過ぎてしまうことが多く、弁護士さんによっては大体の人が払い過ぎていると言っている人もいます
金利、利息などの計算はプロの方でも難しい場合が多いので払い過ぎという事が起こります。ましてや自分で判断するのは難しいんですよね。

 

請求権の時効は、取引終了、つまり払いきってから発生し始めますから、該当する人はかなりいるのでは無いかと思います。数年前とかならまだ余裕はありますが、年数的にどうか分からない場合は急いだ方が良いでしょう。借りた金額にも寄りますが、バカにならないお金が帰ってくる可能性があります

 

今は無料で相談できる、専門の弁護士事務所がありますので、まずは相談して見ると良いでしょう。
パッと考えて時効が近いんじゃないか、と思われた方はすぐに電話をしてみましょうね。
手遅れになる前にスピード解決しましょう

 

弁護士事務所の選び方

初期費用が無料

相談費用・初期費用がかからない場所がベスト!

支払い方法は柔軟に対応

分割払いや後払いにも対応してくれるところが良いです。

実力のある弁護士がいる

事務所のサイトを見て、実績があるか確認しましょう。

 

どの方法が良いかチェック!
匿名・無料で診断してみる

⇒無料シミュレーターはこちらから

 

取り返しがつかなくなる前に!

今は無料で相談できる、専門の弁護士事務所がありますので、
まずは相談して見ると良いでしょう。
手遅れになる前にスピード解決しましょう

⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

 

おすすめ記事

>>最近気になってます。借金整理方法

債務整理方法