借金の踏み倒しガイド:銀行の場合どうしたら?【借金を減らしたい!】

借金の返済の督促を無視し続けるとお金を貸した側はあなたの持っている財産を差し押さえてくる可能性があります。
家は借家だし、車もない、差し押さえる財産などないから平気だと高をくくる人もいますが、差し押さえの対象になるのはほとんどの場合、銀行口座の預金か会社のお給料です。

 

銀行口座が差し押さえられると、借金の額だけ預金が勝手に引き出されますし、利子まで全額抑えられると銀行口座は解約されてしまいます。

 

会社のお給料が差し押さえられるともっと厄介で、会社には裁判所から差し押さえの通達が来ます。
会社はあなたの給与から命じられた分を指定の口座に分けて毎月振り込む手続きをしないといけなくなります。
お給料の差し押さえはあなたが借金を滞納していることを会社に知られてしまう上に、余分な事務手続きの負担を増やして会社に迷惑をかけることになります。
あなたの会社での立場は間違いなく悪化することになるでしょう。

 

どうしても返済が苦しいという場合でも、借金の督促を無視することは避けねばなりません。
貸している側も費用をかけて差し押さえをするよりは、少額でもコツコツ返してくれることを望んでいます。
こうした場合に弁護士に相談すれば、お金を貸している側も任意整理などに応じてくれる可能性が高いです。
債務整理をすることで借金を減額し、毎月の返済額も支払い可能な額に引き下げることができますから、できるだけ早いうちに専門家に相談したほうがよいでしょう。

借金を減らしたい!まずすべき事まとめ

どの方法が良いかチェック!
匿名・無料で診断してみる

⇒無料シミュレーターはこちらから

弁護士事務所の選び方

初期費用が無料
相談費用・初期費用がかからない場所がベスト!
支払い方法は柔軟に対応
分割払いや後払いにも対応してくれるところが良いです。
実力のある弁護士がいる
事務所のサイトを見て、実績があるか確認しましょう。

取り返しがつかなくなる前に!
今は無料で相談できる、専門の弁護士事務所がありますので、
まずは相談して見ると良いでしょう。
手遅れになる前にスピード解決しましょう
⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ